DENZOで「マニフレックスマットレスを扱っております︕

優れた通気性と体圧分散性能を合わせもつ、マニフレックス独自開発
特許素材「エリオセル®」を採用しています。

硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰の部分が沈んでしまいます。 どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので、腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

マニフレックスに横たわると、一度沈み込んだ後、体圧を均等に分散して体をしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。高反発と言っても硬すぎず、弾力があっても柔らかすぎない最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つマニフレックス。 「背中・腰・お尻」の大きなS字はマットレス、「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。先ほどの「和布団」と比べても、マニフレックスでは腰や背中等の一箇所に圧力が集中することなく体圧が分散されています。

マニフレックス製品と異なる芯材・素材を使用した製品ごとに
その特性を比較してみました。

他の寝具と比べてみても、体圧分散や通気性に優れているだけではなく、製品を長くお使いいただける耐久性を有していることや、軽量・コンパクト梱包で扱いやすいこと、 アレルギー等の心配も不要な安全性の高いこと、廃棄するときにも産業廃棄物にならないことが、非常に優れた素材を使用した製品であることだおわかりいただけます。